映画『ウォーターボーイズ』あらすじ、作品情報

あらすじ

部員は鈴木智ただ一人という廃部寸前の唯野高校水泳部に、美人教師・佐久間恵が顧問に着任した途端、部員が30人に激増。

佐久間が本当に教えたかったのは、なんとシンクロナイズドスイミング

部長の鈴木、何事も中途半端な元バスケ部員の佐藤、筋肉を付けたいガリガリのダンス少年・太田、カナヅチ克服と水の力学の解明を目指すガリ勉・金沢、ちょっと女の子っぽい早乙女の5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる

佐久間は突如、妊娠によるつわりを引き起こして休職

既にプールに放たれていた魚を捕まえ、オカマバーのママなど地元の商店街から協力を得ながらも、予行演習で全くシンクロらしい演技もできず、水泳部の責任者・杉田を怒らせてプールの使用を禁止されてしまう。

鈴木は予備校で桜木女子高の空手少女・木内静子と出会い、一目惚れ。

木内と訪れた水族館で、見事に泳ぎ回るイルカのショーに触発された鈴木は怪しげなイルカの調教師・磯村に頼み込み、離れかけていた佐藤たちと共に水族館や海でシンクロの練習に鍛えられ

海で練習していた所に水難救助隊が駆けつけてきた。

練習を海で溺れていると勘違いした人による通報だったが、これが話題を呼んでテレビ報道されるまでに至り、多くの住民をはじめ唯野高全体も惹きつけて、シンクロは正式に実施されることが決まり、大勢の生徒によって演じられることとなって勢いを増した。

それでも、水族館練習中に発覚した早乙女が前々から佐藤に恋をしていたという真実、自分が学園祭にシンクロをやるのだと木内に明かせない鈴木と、部員二人の心は迷っていた。

だが学園祭前日、学内でボヤ騒ぎが発生してしまい、消火のために消防隊はプールの水を用い殆ど使い切ってしまった…。

登場人物

鈴木智:妻夫木聡

佐藤勝正:玉木宏

早乙女聖:金子貴俊

太田祐一:三浦哲郁(現:三浦アキフミ)

金沢孝志:近藤公園

木内静子:平山綾(現:平山あや)

伊丹弥生:秋定里穂

佐久間恵:眞鍋かをり

杉田:杉本哲太

尾崎校長:谷啓

磯村:竹中直人

作品情報

タイトル:ウォーターボーイズ

製作年度:2001年

上映時間:91分

製作国:日本

ジャンル:青春、コメディ、ドラマ

監督:矢口史靖

脚本:矢口史靖

音楽:松田岳二、冷水ひとみ、田尻光隆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする