映画『シェイプオブウォーター』あらすじ、作品情報

あらすじ

生物は「半魚人」と呼べる異形の存在だったがイライザの心を揺り動かす。

アパートの隣人であるゲイのジャイルズ、アフリカ系女性のゼルダに支えられ、平穏な毎日をおくり

軍人ストリックランドが、生物を邪険に扱った報復を受けて指を失う騒ぎがあり、清掃のために部屋に入ったイライザは初めてその生物を直視する。

ふたりは親密な関係となってゆく。

アマゾンの奥地で神として現地人の崇拝を受けていたという生物を、ホフステトラーは宇宙飛行士としてロケットに乗せようと提案

だがホフステトラーは貴重な生物を殺すことに反対する。

イライザとジャイルズは生物を運河の水門に連れてゆき、別れを告げる。

ストリックランドはイライザの家を目指し、彼女の身の危険を感じたゼルダは電話で逃亡を指示する。

ストリックランドは、生体解剖でこの生物の秘密を明らかにすべしと主張

宇宙センターに新メンバーのホフステトラー博士が一体の生物の入ったタンクを運び込む。

イライザは、ジャイルズやゼルダに自らの思いを打ち明け、生物を救う計画に手を貸してほしい

生物の驚異的な治癒能力で蘇生したイライザは、彼と共に海の中で幸せに暮らしてゆく。

ソ連のスパイだったホフステトラーは、生物を殺すよう政府に命じられる。

イライザはジャイルズ、ゼルダ、ホフステトラーの協力を得て宇宙センターより生物を救出し、雨で増水した日に彼を運河から水中に返す計画を立てる。

イライザは映画館の上にあるアパートでただ独りで暮らし、機密機関「航空宇宙研究センター」で清掃員として働いている。

その時、後から追ってきたストリックランドが生物とイライザに向けて発砲する。

ホフステトラーは命令不服従によりソ連スパイに撃たれ、絶命する。

ストリックランドはホフステトラーの最期の言葉から、ゼルダとイライザが救出を実行したと知る。

イライザは意識を失うが、一命を取り留めた生物はストリックランドを殺害し、イライザを抱え海に飛び込む。

受賞歴

アカデミー賞 第90回(2017年)

作品賞

監督賞

作曲賞

美術賞

ヴェネチア国際映画祭 第74回(2017年)

金獅子賞

LA批評家協会賞 第43回(2017年)

女優賞

監督賞

撮影賞

ゴールデン・グローブ 第75回(2017年)

監督賞

音楽賞

作品情報

タイトル

シェイプ・オブ・ウォーター

原題

THE SHAPE OF WATER

製作年度

2017年

上映時間

124分

製作国

アメリカ

ジャンル

ファンタジー

ロマンス

サスペンス

監督

ギレルモ・デル・トロ

脚本

ギレルモ・デル・トロ

ヴァネッサ・テイラー

音楽

アレクサンドル・デスプラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする